ケンペネEnglishは日本人向けの英語教材

ケンペネEnglishは日本人向けの英語教材

一日たった20分という短時間学習をコツコツ継続するだけで、英会話ができるようになると話題のケンペネEnglish。実際にケンペネEnglishによって英語が上達したという声も多く、今じわじわと注目を集めている英語教材なのです。また受講した人の口コミを調べてみると、高い確率でケンペネEnglishのことを絶賛しているから驚きです(※詳しくは「英語が上達?ケンペネEnglishの口コミを元に徹底調査した結果」を参照)。

しかしどうして、ケンペネEnglishがこれだけ広く受け入れられているのでしょう?その理由は、ケンペネEnglishが「日本人向けの教材」だからといえます。一体どういうことなのか、この記事で詳しく解説していきますね。

ケンペネEnglishの公式サイトへ

英語と日本語の決定的な違い

英語と日本語の決定的な違い

日本人が英語を習得するのは困難である、という考え方は古くからあります。実際に、英語を苦手とする人がいるのも事実ですよね。

多くの日本人が英語に親しめない理由の1つに、日本語と英語では「派生が異なる」というものがあります。では具体的にどのようなことなのか、掘り下げてまいりましょう。

日本語と英語の派生は違う

世界の言語を見てみると英語やドイツ語、フランス語には同じ流れを汲んで発展してきた言語だと分類されています。つまりこれらの西洋の言語には、どことなく似ている部分があるのです。

語学学習においては、自分の母国語に近い言語ほど習得が早いと言われています。たとえば日本語と同じく「漢字」を使っている中国語は、初見であってもなんとなく漢字の意味が想像できたりすることもありますよね。

長い歴史の中で、英語は日本語とは全く違う作法や発音で発展してきました。そのため我々日本人が英会話に触れる際には、ハードルが高いように感じてしまう場合が多いのです。

発音を徹底的に教えてくれるメソッド

ケンペネEnglishには、実際に使える英会話を学べる工夫が満載です。先述したように、西洋の言葉の発音は日本語のそれとは全く違うもの。だからどんなに英語の理論や理屈がわかっていても、発音の仕組みがわからなければ英会話が成立しません。

日本では幼い子どもに対して、あいうえお表を見せて「あ」の発音や「う」の発音を覚えさせていきますよね?それと同じでケンペネEnglishでも、英単語や英文を細かく区切り、発音のルールをアルファベット単位で教えてくれるのです。

こうすることで一つ一つの「音」「ルール」を口で覚えて、慣れていけるのです。そのため今まで声に出して英語を話したことがない人でも、迷子にならずにカリキュラムについていくことができるでしょう。

日本教育には英語に触れる時間が足りない

日本教育には英語に触れる時間が足りない

日本人が触れてきた英語は「筆記試験用」

我々日本人が英語教育に触れられるのは、基本的には中学高校での6年間の英語科目授業のみ。しかもその6年間で受けている英語のカリキュラムは、ほとんどすべてが「筆記試験用」の勉強なのです。

期末テストや入試試験のための英語しか勉強してきていないのですから、外国人の方とスラスラと英語で話せないのは当然のこと。日本に浸透している英語教育方法は、あまりにも英会話をないがしろにしているのです。

英語と日本語の言語の派生の違いを越え、英語教育の足りない部分を補うための画期的な提案をしてくれるのが、ケンペネEnglishです。ケンペネEnglishでは徹底的に「実践」を大切にし、生きた英会話を教えてくれます。そんなケンペネEnglishに関して、特に「日本人に向いているな」と感じた部分をお伝えしていきましょう。

カタカナ英語を軸にしたカリキュラム

ケンペネEnglishでは、カタカナ英語(外来語)を軸にしたカリキュラムを展開しています。我々日本人が小さな頃から知っている英語を用いて、の発音のルールなどを詳しく解説してくれるのです。たとえば「ペン」「ミルク」「ラブ」などがカタカナ英語に当たります。

こうした「日本人がもともと知っている単語」を用いてレッスンすることにより、覚えることが少ないため負担も小さいのです。つまり「英会話に触れる時間が少ない」という日本人の弱点を、うまくカバーしてくれているといえます。単語の暗記や勉強に割く時間が極端に少ないケンペネEnglishならば、ほとんどの時間を英会話の学習だけにフォーカスしたカリキュラムで学習を進められるのです。

まとめ

まとめ

ケンペネEnglishは、日本人に向いている学習メソッドです。我々日本人が英会話に向かない理由に向き合い、それを解消してくれるカリキュラムがたくさん詰め込まれています。今まで英会話に抵抗があった人にこそ、ケンペネEnglishはおすすめの英語教材といえるでしょう。

ケンペネEnglishによって、英語が「難しいもの」「学びづらいもの」であるという価値観は変わると感じます。皆さんが英会話の学習しようかどうか迷っているならば、我々日本人に寄り添ってくれるケンペネEnglishは本当におすすめですよ。

ケンペネEnglishの公式サイトへ TOPページを見る